FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反面教師

 最近中三の授業はもっぱら作文の添削をやっております。

 小論文の間違いじゃないかって? いえ、普通に作文です。
 埼玉の公立入試には必須項目。なんと8点もある分野なのです! しかも変則的な埼玉の入試は1科目40点満点なので、約4分の1というでかさ!! なんなんだ埼玉w

 まぁ最近のお子様は日本語が不自由な子が結構いるし(なんだと

 で、授業中にお題を与えて書いてもらうわけですよ。1個書いてもらったらすぐ次のお題を与えてまた書いてもらう。その間に個別に添削するんです。
 受験本番で作文に割ける時間は最大で15分くらいでしょう。なので生徒には10分で書くのを目安にしてやってもらってます。ホントに10分で書ける子はクラス15人中3~4人なんですが(苦笑














 ということで本題(ぇ
 この作文添削が非常に反面教師としてイイ(酷

 読点が多すぎて読みづらい子がいれば、支離滅裂な内容を書く不思議な子もいる。お題で聞かれていることからずれていって、最終的に何?? という気分にさせてくれる作品もある。

 公募用作品を書くときに結構いい勉強になります。正直読点なんて一文に一個あるかないかで十分だと思ったし、オリジナリティという面でも同じような内容を書く生徒たちの中に一人だけ特殊な内容の作文があると「おっ」と思うし。
 多少文章に難があっても独創性があれば目を引くんだなぁとは思いましたねぇ。思ったというよりは実感を伴った再確認といったところでしょうかw そして鉄ちゃんが2人いたことを確認(マテ


 生徒にとって作文で一番大変そうなのは「しゃべり言葉」かなぁ。しゃべり言葉はダメですからね。しゃべり言葉とそうじゃないものの違いがわからない子が多いから、添削が結構面倒(ぁ
 あとは「です・ます調」か「だ・である調」で統一すること。混じっちゃうと減点対象だしー。

 あと1~2年もすれば埼玉の公立入試も変わるらしいので、作文がここまで重要な感じになるかどうかは定かじゃありませんが、今年は少なくとも大事なので頑張ってもらおうw


 うん。今年度は大変だったけど、色々勉強になった1年だったかな。悪くはなかったです。

夏期講習は室長を恨むがなっ!(ぁ

comment

Secret

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。