スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマとはなんぞや

 この記事は多分に気分を害する方もいらっしゃる気がするので、気に喰わないという方はスルー推奨。あくまで自分の個人的な思考の垂れ流しデス。

 某サイトなんかにいるとたまに目にする『テーマ』という言葉。
 あんまりピンとこねぇなーというのが正直な気持ち。


 いちおー『テーマなるもの』は持っているものの、その作品ごとの『テーマ』なんて実はどーでもいいと思ってる自分(マテ

 自分の場合、全作品を通して「必ずどこかで笑える部分を」「面白いものを」というのが『テーマらしきもの』ではあるんですが、そこまでこだわりはないというのが正直なところデス。


 だって、テーマなんて読んだ読者様が勝手に感じ取るものでしょう? もちろん作者が狙って読者に『このテーマ深いわぁ』と思わせることもできます。でも自分はことライトノベルを読んでいるときに、特に『テーマ』がどんなものだろうと気にしないもの。
 別に『生と死を扱ったメチャクチャ深いテーマ』や『作者が伝えたいことが詰まったもの』だったとしても、面白くなきゃ投げる。伝わってきたとしても、投げる。

 つまるところ、ライトノベルの読者は中高生がメインだと思う。だからとは言わないが、ライトノベルにどんだけ高尚なものを求めてるんだ? 面白けりゃいーじゃん。という気持ちが無きにしも非ず。


 だって自分の目指すところは『メチャクチャ笑えて、読み終わった後にどんな話だったっけ?』となれる作品だもの。作者側からの押し付けがましい『テーマ』なんてあっても萎える。それに面白さが付いてくればもちろん楽しんで読みますぜw





 つまり、ライトノベルとは『楽しんで読める』というのが最前提じゃないだろーかということ。もちろん鬱展開のお話だって『楽しんで読める』ものにすることは十分できると思う。だからヤンデレなるものがこのヲタ世界に根付いたわけですよ。


 そもそも、『ライト=軽く読める ノベル=小説』だったはず。『エンターテイメント小説』だったはず。

 ということは、作者様がいかに高尚なテーマに挑んだところで読者に伝わらなきゃ意味ないし、面白くなきゃ誰にも見向きもされないわけじゃないですか。
 注:『面白い』は『=笑える』ではない。



 まずは面白いものを。『テーマ』なんて大げさなものは次に考えることじゃないかなぁとか反感食いそうなことを書いてみるテスト(何

 もちろん「この作品ではこういうことが書きたい!」という『目標・指針』ならば必要だとは思いますが。




 自作なんて『テーマのようなもの』は、いつでも『読者に面白いと思ってもらえるものを書くこと』だけですよ(苦笑

 ここの最前提が抜け落ちている人がいるんじゃないかなぁ……とか思ってみたので書いてみた(何














 だって絶対に『読者があって初めて小説』だと思うもん。読者を想定せずに自分一人で満足するものを書こうなんて思ってたって、そりゃオ○ニーでしかない。もちろんそれで満足な人もたくさんいるでしょうが。自分は少なくともそうはなりたくない。

 人目に晒す限りは、絶対に『読者ありき』で考えなきゃツマランものになってしまう気がする。












 読者に媚びることの是非を問われることもある。

 でも敢えて声高に言ってしまえば、

媚びることの何が悪いの?ということ。


 商業作家を目指す限り、自分の好きなこと好きなものだけ書いて成功できる人なんて滅多にいない。媚びるだけ媚びて、最後の一線だけ自分の『書きたいもの』にこだわればいいじゃんとよく思う。














 さあー、珍しく真面目に反発が怖い記事を書いてしまったぞwww
スポンサーサイト

受験の裏側

 風邪がだんだん本格化してきました雅ですw

 さて、そろそろネタも尽きてきた昨今、受験の裏側とか書いちゃえ! という問題講義!(ぇ
 興味ある人も無い人もご覧あれ。

 一応以下に隠してみます(ぇ

more...

国語の成績が伸びない人のために

 本格的更新は初めてなので、練習がてら自分が塾で教えている『テストの鉄則』でも書いてみようかなぁと。

 たぶん知ってる人は「なんだよ、そんなの基本だろ」って思うかもしれませんが、お気になさらずw
 他の教科でも使えるものなので、試してみる価値はあるかと思います。


 1 絶対に本文を先に読まないこと。先に問題文を読むのを徹底すべし。

 理由:特に国語において問題になるのは時間です。
 どんな問題がでるかもわからないまま、漠然と本文を読む→問題文を読む→どこら辺に何が書かれていたか探す。という無駄な作業を省くため。しかも現代文の本文は大抵量が多いので、内容を覚えていないことが多いからである。
 問題文を読むにしても、じっくり全部読んでたら時間の無駄なのでサッと目を通す程度。どんな問題が出てるのかを確認したら本文に戻る。そして読んでる最中に「これ答えじゃね?」と思ったら線を引いておく。

 2 問題に優先順位をつける。

 理由:実際のところ、国語で時間のかかる問題といえば『記述問題』です。それが最初の方にあって時間をかけてしまって、後の問題がなし崩し的に時間がなくなる。時間が足りなくなる人は往々にして問題を順番どおりに解いているから。
 もちろん得意・不得意はあるので一概には言えないですが、大体こんな感じ。
『知識問題』(漢字・ことわざ・四字熟語・故事成語など)
   ↓
『選択問題』
   ↓
『書き抜き問題』
   ↓
『記述問題』
 こういう順番でやっていくのに慣れれば、そうそう国語の問題で時間が足りなくなることはないでしょう。もちろん本文を読んでいく中で「これあの記述問題(もしくは書き抜き)の答えだろ」と気づければ先にやるのもいいです。臨機応変に。
 ついでに『漢字には一問当たり最大30秒までしかかけるな』ということも付け加えておきましょうか。

 3 選択問題は消去法。

 理由:これは大部分の人は実践しているかもしれません。問題を作っているのは人間です。正直問題を作るってのは面倒です(マテ
 つまり『まずは正答を決めて、反対の選択肢を作る』というのが一番手っ取り早いし、楽なのです。
 もう、ありえないものをばっさりカットして、残るのは2つにします。
 レベルにもよりますが、残った二つというのは大体『正答』と『ヒッカケ』です。そして『ヒッカケ』にありがちなパターンとしては『言いすぎ』と『大部分が合ってるけど、接続語で違う意味になってる』の二つですね。そこら辺に気をつければ誤答は減るはずですb

 4 接続語を気にしながら本文を読み解く。

 理由:意味のない接続語はない。順接・逆接・並立・説明・添加などなど。たとえ難しいと思われる文章であっても、接続語を見れば前後の文が意味してることくらいは読み解けるはずです。
 そして、接続語が抜け落ちている本文に記号で答えるタイプの問題は『前後一文、長くて二文を読めば十分』ということも書いておきましょうか。つか、それ以上読んでも無駄w








 他にもたくさんあるわけですが……もう面倒になったw
 というわけで、本日はこんなもんで(マテ

theme : 塾講師のお仕事
genre : 学校・教育

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。